尾骨(尾てい骨)が痛い!


画像の説明



上向きで寝るとお尻の骨が当たって痛い。

イスに座った時に、尾骨が当たって痛い。

この様な腰の痛みについて原因を究明して、改善法を探って行きます。




痛みの原因




痛みが出ている部分は、背骨の土台となる仙骨とその先端の尾骨です。

骨が当たる事による圧痛ですので、横向きに寝ると痛みは出ません。

しかし、上向きに寝れないのは体にとって良いことではありません。



画像の説明



仙骨・尾骨が当たる方は、腰が反った状態の「反り腰」です。

反り腰は背骨のS字湾曲が大きくなることで起きています。

背骨の末端の仙骨・尾骨も大きく反りかえります。

その為に、通常当たらない部分が当たるので痛みが出てるのです。

緊張が抜けない力の入った状態であるとお考え下さい。



画像の説明


痛みは消えていく!


反り腰がなぜ起きるのかは「反ると腰が痛い」をご覧ください。

反り腰も尾骨の痛みも原因部分は同じ、背骨の強いS字湾曲です。

それを起こしているのは、腰の中を抜けているコリのラインが原因です。

腰のコリのラインの緊張を取り除くことが一番の解決方法です。



画像の説明


腰痛のコリのラインの緊張を取り除いて行きます。

当院では体への負荷が限りなくゼロに近い「無痛の手法」を用います。

ラインの緊張は徐々に軽減し、やがて痛みがスーと消えて行きます。

ラインは複数ありますので、1ラインずつ丁寧に取り除きます。

これで95%の方が初回から大いに改善します。




腰には原因がありません!


10代~50代までの働き盛りの腰痛の大半は筋肉の問題で起きています。

この場合は、骨盤調整・もむ・叩くなどでは根本的には改善しません。

腰の深部を通過しているコリのラインの緊張を取り除けば

筋肉は緩んで、腰痛はスーと消えて行きます。

緊張は地層の様に積み重なっていますので

平均4~5回の施術を受けますと、緊張は大きく軽減します。

その後はたまのメンテをされれば、元の様な痛みが出る事はありません。


&show(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename);